Archive for the ‘ブログ’ Category

うなぎとハクセキレイ

2019-07-28

今年も又うなぎの焼くいいにおいのする季節がやってきました。

私がよく買いに行くうなぎ屋さんは、いつも午後3時ぐらいからうなぎをさばいて炭火で焼きはじめます。
そのころに買いに行くと、ハクセキレイがうなぎをもらいにやってきます。毎日同じ時間ぐらいにやってくるそうです。

ハクセキレイの食性は土中に潜む昆虫類やクモ、ミミズなどを捕まえて食べたり、壁面に溜まっている蛾を食べたりしているようです。

あそこに来る鳥達は美味しいものを知っていますね~
しかし、ちっとも太っていません、うらやましいです。
毎日うなぎを食べて暑さ寒さをのりきっているのでしょうね。

シュウ酸と石

2019-06-26

梅雨入り宣言の出ない近畿地方ですが、くもりの日が多くなんとなくうっとおしいです。

先日、膀胱結石のできているプードルが来院しました。
直径1cm程の石が3個と他こまかい石が多数膀胱より回収されましたが、この子はなんとロイヤルカナンの療法食PHコントロールを食べているというのでびっくりです。
よくお話を伺ってみると、フードだけでは食べないので野菜を混ぜてあげているということです。

野菜はアルカリ性なのでせっかくフードで尿のPHを弱酸性(PH6.5)にしているのに、これでは尿のPHが上がってしまい結石をつくってしまいます。
時々こういうケースの子があります。
野菜は与えるのならお湯でしっかりゆでて、水でさらしてから与えて下さい。
生野菜はダメです。シュウ酸が多量に含まれているのでシュウ酸カルシウムができてしまいます。
結石のできる子には野菜は全く禁物です。

あとジャーキーはシュウ酸カルシウムの結石をつくりますので、考えて与えてくださいね。
人間もそうですが、水分をあまりとらないと尿が濃くなって結晶化しやすくなりますので、石のできやすい子は、犬、猫とわず水分がとれるように工夫してやってください。
ドライフードはふやかして与えるとか、ウェットフードにするとかです。

参考までに、犬、猫の飲水量は、
犬 40ml~60ml(体重1kgにつき)
猫 40ml~60ml(体重1kgにつき)
です。

小田原、電車での一幕

2019-01-22

年が明けてあっという間にセンター試験がやってきました。
今年は暖かな良い天気で、毎年寒くて雪に悩まされる
受験生にならなくてよかったです。

先日用事があって小田原の先の二宮という所に行ってきたのですが、新幹線に乗車して荷棚に目をやると、
なんと551(蓬莱の豚まん)の袋があちらこちらに乗っていてびっくりしました。

駅のお店の前によく行列ができているのは見かけましたが、関東に持ち帰るおみやげに好まれているんですね。

あともう1つびっくりしたことがあります。
小田原から普通電車に乗った時のことですが、普段の日だったので学生さんが多く、混み合っていたのですが、優先席と書かれてある座席には2~3ヶ空席があっても高齢者以外の方は全然座らず立っています。

徹底していますねぇ
関西とはちょっとちがいますね!!

下痢と隠れた病気

2018-10-24

めっきり涼しい季節になりました。朝夕は寒いくらいです。

今年の9月、10月は夏バテなのか、吐き下しの犬猫が多かったです。特に下痢のワン子達!!

下痢が始まってから1ヵ月程とか、1~2週間とかです。

自分達の下痢は腹痛を伴うので辛いから気をつけますので1~2日でとまりますから軽い気持ちで考えていますが、 いつも決ったフードを食べているワン子達が下痢をずっとしているという事はそれなりの病気がかくれていたりしますので、 きちんと下痢便(特に変に汚い所)を持って受診しましょう。

血便をよくする子や下痢をすると嘔吐を伴う子、食欲がなくなる子は腸内細菌をチェックしてもらいましょう。

キッズドクター募集中

2018-08-21

もぎ動物病院

ペットのお医者さん体験


2018年9月23日(日・祝) 10:00~15:00

 会場 : 竜王町総合運動公園 ドラゴンハット (滋賀県蒲生郡竜王町岡屋3333)


 診察室 :小学1年生~4年生対象
検査処置室:小学5年生~中学生対象


事前申込 : 8月1日~8月31日締切
詳しくは滋賀県獣医師会ののHPをご覧ください。


ペットのお医者さん体験

膝と歯

2018-02-21

毎日寒い日が続き灯油を買いに行く回数がめっきり増えました。そのせいか今年は膝が痛みます。

跛行するワンちゃん達にグルコサミンを薦めていますが、私も必要になってきてしまいました。年はとりたくないものです。

当院のワンちゃん達も高齢の子がめっきり増えました。

今年に入って左眼下の頬がぷっくりと腫脹した患者さんが8頭もありました。不思議なことに左側ばかりです。

口の中をのぞいてみれば歯石がびっちりくっついて歯グキがまっ赤になって腫れています。歯みがきができない子が多いんですね。

最近、歯のセミナーを聞きに行って教えていただいた事なのですが、歯みがきがわりに硬いもの、例えば乾燥させたブタのひずめとかヒマラヤチーズといった硬すぎるものを咬ませていると歯の骨折を招き歯が死んでしまうそうです。

当院の8頭の犬の中にも1頭そういう子がいました。

またパンやヨーグルトをよく食べている子は歯石がたくさんついている子が多いそうです。

歯みがきのできない子は定期的に歯石をとってもらったり歯垢をつきにくくする口の中の善玉菌を増やすサプリメントなどを利用すると口臭もちがいますよ。

誤飲

2017-12-28

師走ですね。今年もあっという間の1年でした。

今年の漢字は「北」でしたね。

私の「北」は北島三郎さんの馬キタサンブラックです。

有馬記念強かったです。彼はこのレースを最後に引退しますが、幸せな余生を送ってほしいです。

サブちゃん よろしくお願いしますね。


話は変わります。

11月の末日より嘔吐の止まらなかったダックスフントの子がいたのですが、バリウム造影で腸閉塞がわかり、開腹手術をした所、小腸にギュッと何か詰まっていました。

中に入っていたものは写真の通りです。

P1000321   P1000331


一見するとうんこのように見えますが軽くて非常に硬いです。

腸管もかなり充血がひどく予後が心配でしたが、今はとっても元気にしています。


腸に詰まっていたものを20日程水につけておいたところ、やっと柔らかくなりましたのでハサミで切ってみました。

どうも干したお芋の角切りに何か巻いてある?

そのまわりにグルーミングしていた毛が巻きついているように思われます。

慌ててまる飲みする子のおやつはくれぐれも気をつけましょう。

秋明菊

2017-10-29

めっきり肌寒くなってきた今日このごろですが雑草はまだ元気に繁茂しています。

「ダニがついていましたよ」「ダニがたくさんついているので駆除してきて下さい」など、トリミングに行って注意をされたり、断られたりして当院にノミ、ダニ駆除に来られる方が目立ちます。
ダニから感染する病気は犬、猫、人共に身近にあることです。11月までノミ、ダニ予防、フィラリア予防はしっかり投与してあげて下さいね。

2週間程前に往診に伺ったお宅の庭に秋明菊がとてもきれいに咲いていましたので、いいですねえと花を愛でたところ、飼い主さんが、この花きれいなので植えて増やしたんですけど、もう抜いてしまうんです。と言われてびっくり!
秋明菊は毒草だったのです。汁液にプロトアネモニンという独成分があり、嘔吐、下痢、肝障害、皮膚炎を起こすそうです。

この家のワンちゃんは庭に自由に出たり入ったりしているので危ないので抜いてしまうんだそうです。

当院の近くのお宅のお庭にも秋明菊がけっこう咲いています。切り花にして花びんに入れたりしているわけですから、気をつけて扱わなければいけないのですね。

身近に毒草ってあるものなんですね!!

画眉鳥

2017-04-06

人間、自分の人生いつ終わるのか分からないものだと実感した私は、 37年ぶりで幼なじみに会いに 群馬県安中市に行ってきました。

北陸新幹しかとまらない安中榛名という駅で下車、 駅のまわりに何にもありません。

妙義山、榛名山などの山にかこまれ、いたるところに温泉があり、 自然がいっぱいでよい所でした。

雪も残らず、からっ風も吹くこともないというのでびっくりです。

庭にスズメのごとくツグミなどが遊びにきていました。 朝はカッコウなども鳴くそうです。

この辺りでは最近ガビチョウ(画眉鳥)という中国の鳥が増えてきているようです。

「ヒョイヒーヒョイヒーギュルルチョイチリピュウピュウピュウ」とよい声で さえずるらしいですが、 この鳥、他の鳥の鳴きまねがうまくて特にウグイスのホーホケキョは上手いらしい ですが、他にもオオルリ、シジュウカラ、キビタキ、サンコウチョウなどの鳴きまねや、 セミのツクツクボウシの声を真似たりもするそうです。

なんかタレントのコロッケさんみたいですね。

次回は双眼鏡持参でじっくり画眉鳥を観てきたいと思っています。

猫のツメとぎ

2017-02-28

昨年の8月に主人が突然亡くなり、あわただしい毎日を送っておりましたが、税金の申告も無事終わりましたので、また何か発見があった時には書いていこうかな!!と思っております。

獣医学雑誌をめくっていたら『猫の爪とぎ』についてしつけのコツが書かれてありましたので、報告いたします。

猫がツメをとぐ理由は、『爪を管理するため、古い角質をとり爪を整えるお手入れ行動』と『コミュニケーションツールとして何らかの印をつけ、他の動物に情報を伝えるマーキング』と『フラストレーションがたまった時にイライラを解消する』の3つがあるそうです。

猫ちゃんの好みによってツメとぎの素材も、木材、ダンボール、カーペット、縄、皮など様々であり、設置の方法も、柱、壁など垂直におくか床に平面におく方が好きか色々です。

猫が不適切な場所で爪とぎをする時は、好みを見極めてその場所を覆うように置いてあげましょう。

« Older Entries

ページ最上部へ

Copyright© 2013 中阪獣医科医院 All Rights Reserved.